ニュース

東芝機械、アルミ加工の生産性を向上させ長尺ワークに対応した 門形マシニングセンタMCW-46150(5A)シリーズを販売開始

2016.01.06

MCW-46150(5A)

MCW-46150(5A)

当社は、このほど航空機用長尺部品のアルミワークの高速加工向けに、高速マシニングセンタMCW-46150(5A)シリーズの販売を開始しました。

<主な特長>

  • 15mの長尺ワークに対応
    ワークの最大積載質量:10ton/m2とワーク質量に左右されず、クロスレール前後移動をX軸とすることで、長大ストローク15m以上を実現。また、ワークを固定し、加工ヘッドが移動するため、X/Y/Z軸の移動物質量が変化せず、安定した加工能力を発揮します。

  • 5軸ヘッド(max12,000min-1)の搭載で従来機比20%高速加工を実現主軸に高出力ビルトインモータ【AC64kW(30分定格)/53.4kW(連続定格)】を採用し、従来機比20%高速の最高主軸回転速度12,000min-1による高速加工に対応。また、B/C軸にはダイレクトドライブモータを採用し、3600deg/minの高速旋回を実現した5軸ヘッドを搭載。この5軸ヘッドの採用により、粗加工から仕上げ加工まで連続して行なう事が可能となり、段取り時間の削減と加工効率向上において他社同等製品比較で20%の加工時間の改善を実現します。

  • 最新鋭CNC装置 TOSNUC-PX-100によるワークの加工品質向上5軸加工における工具先端の位置変化を自動制御する工具先端点制御機能(オプション)を搭載する事で、加工面段差の加工仕上げ改善や仕上げ面の面質向上が行なえ、ワークの加工品質向上に貢献します。


本機の参考価格は400百万円(特殊機のため仕様によって変わります)で、航空機部品用の仕上げ加工を中心に、年間3~5台の販売を予定しています。

本件へのお問い合わせはこちら までお願いします。