会社概要Corporate

沿革

沿革図

沿革図

沿革

東芝機械の歩み

1938年(昭和13年)12月芝浦工作機械設立(会社創業)
1939年(昭和14年)3月鶴見工場開設、強力大型工作機械の製作を開始
1942年(昭和17年)4月沼津工場開設、中型精密工作機械の生産に着手
1949年(昭和24年)3月企業再建整備法に基づき芝浦機械製作所を設立(会社設立)
1961年(昭和36年)6月芝浦工機と合併、社名を東芝機械と変更
1964年(昭和39年)9月相模工場を開設
1972年(昭和47年)3月相模工場に大型産業機械工場建設
1974年(昭和49年)4月米国現地法人トウシバ・マシン・カンパニー・アメリカ設立
1978年(昭和53年)7月シンガポール現地法人トウシバ・マシン・サウス・イースト・エイシア・プライベート・リミテッド設立
1984年(昭和59年)10月相模工場に射出成形機工場完成
1987年(昭和62年)10月御殿場工場開設
1988年(昭和63年)4月カナダ現地法人トウシバ・マシン・カンパニー・カナダ設立
1989年(平成元年)4月ヨーロッパ現地法人トウシバ・マシン・ヨーロッパ・ゲー・エム・ベー・ハー設立
1989年(平成元年)5月タイ現地法人トウシバ・マシン・タイ・カンパニー・リミテッド設立
1989年(平成元年)6月台湾現地法人台湾東芝機械股份有限公司設立
1995年(平成7年)5月香港現地法人東芝機械(香港)有限公司設立
1998年(平成10年)4月中国現地法人上海東芝機械有限公司設立
1999年(平成11年)4月本社機能を東京から沼津へ移転し、沼津本社とする
2002年(平成14年)6月東芝機械(上海)有限公司設立(製造現地法人)
2002年(平成14年)8月半導体装置事業を分社化(株式会社ニューフレア テクノロジー設立)
2002年(平成14年)10月工作機械事業を分社化(東芝機械マシナリー株式会社設立)
2008年(平成20年)4月油圧機器事業を分社化(株式会社ハイエストコーポレーション設立)
2010年(平成22年)10月子会社東芝機械マシナリー株式会社を吸収合併
2010年(平成22年)10月東芝機械環境センターを存続会社として、芝浦システム株式会社を吸収合併し、かつ芝浦産業株式会社の分析事業をこれに吸収分割し、芝浦セムテック株式会社に社名を改称
2011年(平成23年)7月ベトナム現地法人トウシバ・マシン・ベトナム設立
2012年(平成24年)9月インドに製造販売現地法人トウシバ・マシン・チェンナイ設立
2012年(平成24年)11月タイに製造現地法人トウシバ・マシン・マニファクチュアリング・タイ設立
2012年(平成24年)12月インドネシア現地法人トウシバ・マシン・インドネシア設立
2013年(平成25年)11月ブラジル現地法人トウシバ・マシン・ブラジル設立
2015年(平成27年)4月株式会社ハイエストコーポレーションの全株式をナブテスコ株式会社に譲渡