ニュース

先進自動車の軽量化ニーズを見据えたダイカストマシン(新型射出システムおよびIoT活用の無人製造ラインをご提案)

2019.05.10

 当社は、このほど先進自動車における軽量化ニーズを見据え、車体構造部材等の薄肉・大型製品の成形に適した大型ダイカストマシン用の新型射出システムを開発いたしました。また、新開発の監視ソフトdPAQET2の活用で、無人のダイカスト製造ラインを提案いたします。

<主な特長>

  • 大型ダイカストマシン用新型射出システムの開発
    車体構造部材等の薄肉・大型製品のダイカスト成形は、充填時の抵抗が大きく、素材面積の拡大で流動長が長く素材が凝固しやすいことから、さらなる短時間充填が求められます。
    今回開発した新射出システムDual-PCVは、バルブサイズは従来と同様のまま、油圧効率を上げることが可能です。型締力1,250TONの機種の場合、従来機比で充填力が25%、実打ち高速加速性能が30%、最高射出速度も15%と大幅に向上し、短時間充填を実現いたしました。また、バルブサイズが同じ大きさのため、既設機械への展開も容易です。

  • さまざまな情報収集に長けた監視ソフトdPAQET2の開発
    新開発したdPAQET2は、従来監視ソフトで培ったダイカスト製造ライン集中管理体制構築の機能を踏襲いたしました。さらに、鋳造条件設定、鋳造品の品質データ、検査等の後工程情報などダイカスト成形に関わるすべてのデータを一元管理・結び付けることで、従来、人手に頼りノウハウの蓄積が難しかった領域の見える化に成功いたしました。以上の特長から、無人のダイカスト製造ラインを実現する上で、強力なツールとなります。

  

 本技術は、5月23日(木)から25日(土)まで当社沼津工場(本社)・御殿場工場で開催されます『第17回東芝機械グループソリューションフェア2019』にてご紹介いたします。

 

2019

商品のお問い合わせはこちら までお願いします。