ニュース

東芝機械、Rシリーズに新機構を追加し、大型部品に対応した新型ダイカストシステムを開発「薄物・大物・難鋳造成形に最適対応」

2016.11.21

当社は、このほど自動車業界で求められる燃料電池カバーなどの電気自動車部品や軽量化需要に応じたエンジンブロック、サスペンションメンバー等のダイカスト製品の薄物・大型製品の成形に対応した、新型機構を搭載したダイカストシステムを開発しました。


<主な特長>
・薄物・大型部品成形の高品質化
サーボバルブ、射出制御など新型機構を搭載することで、短時間充填、短時間昇圧の性能が向上し、ダイカスト製品の品質改善を実現、自動車業界で要求される薄物・大型部品のさらなる品質向上に貢献します。

・高生産性
電動型締機能を標準シリーズ化し、サーボ自動機(オプション)を併用することで、ハイサイクル生産を実現。静電スプレイの搭載により、全自動運転に対応します。

・故障診断機能などお客さま支援機能を備えた最新の制御装置を装備
 高解像度大画面15インチモニタを採用した新制御装置TOSCAST-888を搭載しました。操作性の向上に加え、トラブル発生時の機械復旧時間の最小化を図る故障診断機能を備え、IoTへの対応を見据えた通信機能を強化しました。

 本機は、11月24日(木)から26日(土)までパシフィコ横浜で開催されます日本ダイカスト会議・展示会にRシリーズ最上位機種のDC350R-EHに新機構を搭載したシステムで初出展いたします。

DC350R-EH

製品へのお問い合わせはこちらまでお願いします。