ニュース

高荷重ワークに対応したテーブル形横中ぐりフライス盤 BTH-130.R24を開発 (従来から重量2倍の高積載ワークに対応)

2016.05.10


 当社は、このほど新しい静圧装置を採用したテーブル形横中ぐりフライス盤BTH-130.R24を開発し、販売を開始しました。本機は、テーブル積載荷重を従来の2倍の40tonまで増強することが可能です。


<主な特長>
・高荷重ワークへの対応
従来の最大積載質量20tonに対し、新静圧装置の採用により、40tonの重量物積載が可能となりました。従来の加工に加えて、段階的に荷重サポートすることにより、金型などの無垢材を使用した重量ワークの加工が可能となります。

・省エネ・環境配慮対応
重量物支持装置(特許第5770774号)を用いた閉回路型静圧装置の採用により、静圧油を大気開放して回収する必要がありません。従来のような開放型静圧を使用した重量物積載の機械に対して、閉回路内で静圧油を使用するため、大気開放による油の劣化が無く、使用する静圧油の量も抑えることが出来るなど、環境に優しい仕様を実現しました。

・汎用機での機能搭載を実現
従来の開放型静圧装置は、装置が大型化する傾向にあったため、大型特殊機が中心となっていました。今回搭載されている
新静圧装置は、従来の動圧摺動面に追加することが可能なため、汎用性の高いBTH-130.R24への採用が可能となりました。


 本機は、5月19日(木)から21日(土)まで当社沼津工場(本社)・御殿場工場で開催されます『第14回東芝機械
グループソリューションフェア2016』に初出展します。

テーブル形横中ぐりフライス盤BTH-130.R24

製品へのお問い合わせはこちらまでお願いします。