製品情報Product Information

横中ぐり盤 BF-130B

横中ぐり盤 BF-130B


ロータリーテーブル、アングルヘッド、回転面板を併用し広範囲の加工に対応する


機械の主な特長

生産性の向上

ATC,AAC,AAI,AATCによる、複合加工の自動化が可能。
主軸回転速度、送り速度の高速化。
クイル繰り出しにより、主軸の切削能力が大幅に向上。

操作性の向上

横フライス中ぐり盤の手動・自動操作の混在によって、マニュアル/NCを自在に切り換え。
横フライス中ぐり盤に要求される特有のNC機能を多彩に備えた、操作性の優れた自社開発のTOSNUC 999がオペレータをサポート。

すぐれた作業性

ワークへの接近性のよい、クイルタイプマシン。
主軸の繰り出しで種々の切削加工が容易。
ワークを定盤に置くことにより形状や重量は機械のサイズに影響されにくい。
多面の加工も、ロータリテーブル(特別付属品)の使用で段取り回数の削減ができる。

機械外形図

機械仕様

お問い合わせ・カタログ請求