製品情報Product Information

シート製造装置 ポリシング装置

ポリシング装置の特長

東芝機械の供給する成形装置は、ナノの光学世界に挑む剛性と品質、多様な成形操作への拡張を支えるフレキシビリティ、愚直に妥協を許さない精度と制御を備え、普遍の技術力に支えられて進化する装置です。

  • ロール面の製品シートへの良好な転写性・賦形性を確保するため、トータル的なギアマーク低減策を採用しています。
  • 特殊柔構造ロール(UMロール)の採用により、0.5mm~min0.1mmの薄肉製品に対して弾力と剛性を最適化できる金属タッチロール成形が可能です。
  • パンクモニタの採用により、熟練オペレーターのスキルに頼っていたバンク調整、バンクパターン管理を定量化できます。定量データ化により、ISO9000の認証取得・維持のための有力なツールを提供できます。
  • 高精度位相合わせ技術(pat)が、精密パターンシート成形に大きく威力を発揮します。
  • 油圧サーボシリンダの採用により、くさびレス機構の実現と容易な隙間調整、高い再現性を実現できます。
イメージ

縦型ポリシング装置、水平型ポリシング機、斜型ポリシング、ロール研磨

シート成形用ロールバリエーション

パターンシートをはじめ、各種シート成形用に超弾性ロールから剛体ロールまで取り揃えました。シート厚さ20um~20mmのタッチロール成形を各種ロールで対応いたします。

バリエーション

各種Rollの選択により成形も変わります。お客様の製品のVariationが広がります。