ニュース

新型スカラロボットTHE400を参考出展(基本性能を飛躍的に向上したスカラロボットの新しいスタンダードの提案)

2017.05.12

 当社は、このたび新型スカラロボットTHE400を開発しました。新興国大手電機・電子製造ラインや、自動車部品製造ラインでは、ハイタクト自動化の要求が高まっています。THE400は、これらの自動化ニーズの変化に対応するため、部品組み立てや検査・搬送作業に適するように、従来機種より基本性能を飛躍的に向上させました。スカラロボットの新しいスタンダードを提案します。

<THE400の主な特長>

  • 高いパフォーマンスと信頼性の実現
    第1+第2関節最大動作速度7,000mm/sec・サイクルタイム0.3秒台(2kg搬送時)、最大可搬質量5kg・許容慣性モーメント0.06(kgm2)と高速動作と可搬性能の両立を実現しました。

  • カタログスペックでは読み取ることができない追従性の向上
    主要部品の基本性能およびサーボ制御の性能向上により、カタログスペックでは読み取ることができないアームの追従性を大幅に改善。教示点への正確な移動軌跡を実現しました。

  • 各種オプションの充実
    簡易防塵用キャップ・ジャバラ、ハンド取付用ツールフランジ、カメラ取付用ブラケットなどのオプションをご用意。
    クリーン仕様、IP仕様のアームも順次販売予定です。

 
 本機は、5月18日(木)から20日(土)まで弊社沼津工場(本社)・御殿場工場で開催されます『第15回東芝機械グループソリューションフェア2017』にて、ご覧いただけます。

新型スカラロボットTHE400を開発

製品へのお問い合わせはこちら までお願いします。